パリ15区ブログ

“人生は一度きり”
フランス人はよくこの言葉を口にします。

人生は泣いても笑っても一度だけ。
だから、自分らしくのびのび生きようよ!

私がフランスで学んだことは実は料理よ ...

パリ15区ブログ

マリアージュとはフランス語で「融合」「結婚」の意です。

和とフレンチ、それぞれのよいところを柔軟に融合させながらつくる、
じわ~っと体と心に優しく届く料理。

食べる部分は日本の人のカラダに馴染むもの。 ...

パリ15区ブログ

パリ15区チブメリー通り4番地。
ル・コルドン・ブルー料理菓子学校へ徒歩4分ほどのこの地に
私は暮らしていました。

パリ15区チブメリー通り4番地のアパルトマン。
最上階の窓辺には空を見上げる私の姿 ...

パリ15区ブログ, フランス

パリのモンパルナス駅からシャルトル行の列車に乗り込み
45分ほど揺られると田園風景の中に現れるエペルノン村。

ベルサイユ宮殿やランブイエの森を通り過ぎれば民家もぐっと減り、
なだらかな丘、菜の花畑、雄大な並 ...

パリ15区ブログ, フランス

大学時代~卒業後のお話。

中学から始めたテニスを大学でも続け、
友達には「ゆみこは文学部じゃなくてテニス部っていう学部よね!?」と言われるほど
テニスコートにばかり居ました。

テニス三昧で、大学 ...

パリ15区ブログ

フランスの食卓を語る上でコンヴィヴィアリテという言葉は欠かせません。

「食卓で経験する満足感・幸福感」といったような意味です。

フランス人が家族や友達同士でテーブルを囲み
美味しいチーズやパン、旬野菜に ...

パリ15区ブログ, フランス

「それぞれの国の人には、それぞれに馴染む食べ方がある」。

これは私が考案した「マリアージュ・フレンチ(※)」の根幹となっています。
(※日本人の体質に馴染み内面からイキイキ元気が湧くようにと創意工夫したヘルシーフレ ...

パリ15区ブログ, フランス

自分らしさ。
それは、「自分らしく在る=自然体」という姿勢。

幸せでいるには自分らしく生きること。

それには「他と比べない」という姿勢が大切かも知れません。

私がフランスで得た最も大きな宝は ...

畑の読みもの

2008年6月4日。
この日は大雨のあとの快晴。

小田原から熱海方面に向かって相模湾沿いをドライヴしていた私の目の前に現れた
息を呑むほど美しく、そして、なぜか無性に懐かしい風景。
私はこの地に一瞬 ...

パリ15区ブログ

伝統発酵食に恋して

フランスに暮らし、
帰国後も頻繁に行き来を繰り返してフランス人と食卓を共にする中、
私の消化力はどうも彼らのそれとは違うようだと感じるようになりました。

そして、「日本人の私を最もよい状態 ...